製造・販売元 株式会社タフライト

〒992-0301  山形県東置賜郡高畠町大字ニ井宿1983

TEL.0238-52-1007  FAX.0238-52-4068

古代地球のマグマが海のミネラルを豊富に含んだ地層となり、のちに地表に隆起した岩石で、5代要素の一つであるミネラル(鉄・カルシウム・カリウム・ナトリウムなど)が豊富に含まれています。『古代の恵み』を切花や、プランターの花・野菜、水槽にご使用いただきますと、植物や魚・水草がいきいきとしてきます。その理由は、豊富なミネラルの効果はもちろん、生命維持効果をもつ「古代ソマチット」や「マイナスイオン」「遠赤外線」の相乗効果によるものです。

『古代の恵み』には、生命の起源とされている幾つかの要素が含まれています。なかでも最も重要なのは「古代ソマチット」という不死の生命体で、地球上の生命体すべての誕生と生命維持に大切な役割を果たしているといわれており、動植物や人間の細胞のなかにも存在しています。この「古代ソマチット」が数千万年前の化石から生きた状態でみつかっていることから、これを含む『古代の恵み』は生きている天然石といえます。すべての生命を維持する効果をもつ「古代ソマチット」の効果で、生物が元気になります。

医学博士も認める、その驚くべきチカラ

 「古代ソマチット」は、細胞の1000分の1前後という超微小生命体で、地球上の生命体すべての誕生と生命維持に関わるとされ、現在も研究が行われております。また、不死の生命体といわれ、数千万年前の化石から生きた状態でみつかっており、「古代ソマチット」を含む『古代の恵み』は、生きた天然石といえます。

 このようなことから『古代の恵み』を植物栽培・動物飼育に応用したところ、あらゆる生命体の健康状態を維持する可能性を秘め、さらに酸化還元電位(ORP)を有意に下げるなどの結果を得ました。

 有害物質を含まず、環境汚染を緩和する効果にも優れ、まさに「古代からの自然の恵み」といえる優れた天然石です。


     医師・医学博士・日本脊髄障害学会 名誉会員

                      豊嶋 穆

本来、自然界は「マイナスイオン」とプラスイオンが均衡した状態ですが、現代社会では新建材、電化製品などにより、空気イオンがプラス化しています。プラスイオンが多い環境は、酸化をひきおこす原因となり、生物にとってもストレスとなります。わかりやすく表現すると下記のようになります。


  鉄→さびる  魚→腐る  花→枯れる  人→老化する  

  皮膚→シミ・シワになる


『古代の恵み』は、空気中の5倍以上の「マイナスイオン」が出ています。生体イオンのバランスを整えることでストレスを取り除き、自然治癒力を高める結果、生物を健康でいきいきとした状態に保てます。

「遠赤外線」は、生物の育成光線ともいわれています。それは水を浄化する作用や動植物の細胞を活性化する効果など、生物の成長を促進する作用があり、細胞に良い影響を与える微弱エネルギーとしては、最も強いエネルギーを持っています。『古代の恵み』は、遠赤外線放射率90%以上という高い数値が出ていることに加え、生物の生存に欠かせないといわれる波長8〜15ミクロンの遠赤外線が多く放射しており、生物の細胞を活性化します。

『古代の恵み』はミネラルを豊富に含んだ

生きた天然石。空気中の5倍以上のマイナスイオン、

自然界の鉱石で最高クラスの遠赤外線が出ています。

TOP

TOP











Copyright © 2012 ToughLight All Rights Reserved.